日本産のアルトコインである「ALIS」とは?

アルトコイン ALIS
現在、仮想通貨市場には非常に多くの仮想通貨が存在します。ビットコイン以外の仮想通貨は、アルトコインと呼ばれていますが、アルトコインは1000種類以上あって、盛んに取引が行われています。

その中には、日本産のアルトコインも存在します。それは、「ALIS」というアルトコインです。日本産のアルトコインと言えばモナコインが有名ですが、今このALISが注目されているんです。

そこで今回は、そんなALISについて特徴や買い方を紹介するので、参考にしてみてください。

ALISとは?

ALISは、2017年9月に仮想通貨市場に登場した、まだ新しいアルトコインです。

ALISが作られた目的は、「ブロックチェーン技術を用いたソーシャルメディアプラットフォームをつくるため」となっています。

これだと何のことか全然分かりませんが、簡単に説明すると「良質な記事を書いた人」と「良質な記事を発見した人」に、ブロックチェーン上でそれぞれALISが報酬として配布される仕組みを作ろうということなのです。

したがって、ALISは、このプロジェクトの報酬として生み出されたということになりますね。

なぜ、このようなプロジェクトが考えられたかと言うと、現在ネット上にたくさんある記事の中にある良質な記事が、必ずしも人目に触れていないからです。

様々な記事は、それを執筆した人の知名度などにより露出度が影響を受け、真に価値のある記事が評価されるような仕組みが存在しません。

そう下問題点を解消し、ブロックチェーン上で公平に良質な記事を発掘し、書いた人と発見した人に報酬を与え、より質の高い記事を皆が見られるようにしようとしているのです。とても画期的なプロジェクトですね。

ALISの価格が上昇すれば報酬も増えることになるので、ALISの価格上昇が期待されているところです。しかし、そんなALISは実は、日本の仮想通貨取引所では購入できません。

では、どうすればよいのでしょうか?それは、次に紹介していきます。

ALISの買い方について

ALISは、日本の仮想通貨取引所では扱っておらず、海外の仮想通貨取引所である「coinexchange」等を利用する必要があります。その場合、ALISを日本円では購入できないので、ビットコイン建てで購入する必要があるのです。

よって、まず、「Bitflyer」などでビットコインを購入し、それをcoinexchange等に送金して、そこで初めてALISを購入する流れになります。

正直、購入するまでが面倒くさいという気もするかもしれませんが、ALISの価格は登場以降の価格上昇率が他のアルトコインと比べかなり小さいので、チャンスは大きいと思います!

終わりに

ALISはまだまだ時価総額が小さく、価格上昇余地が十分あるとされているので、興味のある方は早めに購入してみてはいかがでしょうか。