将来性が高い?ビットコイン以外の仮想通貨の種類と特徴

ビットコイン以外の仮想通貨
仮想通貨はビットコインが有名ですが、最近ではいろいろな仮想通貨が出てきているので購入する時に迷ってしまう人も少なくないでしょう。

迷った時は定番のビットコインを購入した方がいいという声もよく聞かれますが、その他の仮想通貨にも大きな魅力があります。そこでビットコイン以外にどのような仮想通貨があるのか種類と特徴を見ていく事にしましょう。

イーサリアム

時価総額が一番大きい仮想通貨はビットコインですが、イーサリアムはビットコインの次に大きい仮想通貨なので将来的にはビットコインに肩を並べるほどの将来性があります。

契約を自動執行する事が可能なので柔軟性の高い点が大きな特徴になります。最近ではビットコインからイーサリアムに乗り換えている人も出てきているので購入する時に検討しておきたい仮想通貨の一つです。

リップル

リップルはビットコインやイーサリアムほど時価総額が高いわけではありませんが、ネットワークを利用していろいろな通貨とやり取りする事が出来るシステムが用意されているので、将来性が高く期待されています。

最近ではリップルを取り扱っている取引所も増えてきているので購入しやすい仮想通貨の一つになっています。

またアメリカの大手テクノロジー企業のGoogleが投資した事でも人気となっている仮想通貨なので、知名度もどんどん上がってきて今後は購入する人が増えてくる事が予想されます。

ライトコイン

ライトコインは送金に特化いている点が特徴の仮想通貨で、ビットコインの弱点を解消していると言われています。

それでビットコインを購入している時に不満を感じていた人がライトコインに乗り換えている傾向があります。時価総額はそれほど高くはありませんが、価格が安定しやすいので他の仮想通貨より大幅な下落のリスクが少ないです。

それで投資目的で仮想通貨を購入する時にリスクを抑えたい人はライトコインがオススメです。

モナコイン

モナコインは日本発の仮想通貨なので最近になって注目を集めていて時価総額も上昇してきています。

ライトコインを参考にして開発されているので、価格が安定しやすいので投資目的で購入するのにも適しています。

また他の仮想通貨より送金が早くて手数料が安いので、金銭取引に利用する時もメリットになります。日本発の仮想通貨なので日本でも使用する事が出来る店舗が増えてきています。

ビットコイン以外にもこのように将来性の高い仮想通貨が出てきているので自分に適している仮想通貨を選んで購入してみるといいでしょう。