結婚式前に脱毛はできない!?銀座カラーで施術を断られるケース

月々9,600円の支払いで全身を好きなだけ脱毛できちゃう脱毛サロン、銀座カラー。毛が濃い、多いという人には本当におすすめのサロンなのですが、場合によっては施術を断られることもあるため、注意が必要です。

「持病があっても脱毛できる?」
「整形手術をした箇所も脱毛可能?」

当記事では銀座カラーで脱毛を断られるケースについてお話しいたします。サロンごとに微妙にルールが異なりますので、契約する前に必ず確認しておきましょう。

要確認!銀座カラーで脱毛を断られるケースとは

日焼けや日焼けによる肌ダメージ

今現在、肌が日焼けしている人、日焼けによる肌ダメージが残っている人は、施術を断られる可能性があります。日サロに通ってこんがり全身を焼いている方は、まず間違いなく施術を断られるでしょう。

フラッシュ脱毛の光線は、毛に含まれるメラニンに反応し、その部分にピンポイントに熱を加えるのですが、肌が焼けると黒くなるのはメラニンの働きによるもので、日焼けした人が脱毛を受けると、熱が毛だけでなく皮膚にも伝わってしまい、火傷のような症状が出てしまう可能性があるのです。

脱毛を受ける1、2週間前までは、極力日焼けしないように注意してください。脱毛後は肌が弱っている状態ですので、施術後もしっかりと紫外線対策を行いましょう。

持病のある方や薬を服用中の方

てんかんやアトピー肌、紫外線アレルギーの方は施術を断られる可能性があります。

また、光感受性を高める薬を服用中の方、外用薬を使用中の方も同様に、脱毛不可となる可能性があります。ただし医師に許可を得た場合は、相談に乗ってくれるようです。

その他、じんましんが出ている方や、注射の後の腫れのひかない方も施術を断られる可能性があります。もし脱毛予約後に体調が不良となった場合には、すぐにお店に連絡してキャンセルの手続きを取りましょう。

タトゥー

体にタトゥー、入れ墨のある方や、アートメイクを施している方は、その該当箇所と周辺部位が脱毛不可となります。

脱毛機器の光線は簡単にいえば毛を「焼く」ものなのです。入れ墨などのある個所にその光線を照射すると、火傷などが生じる恐れがありますから、そこを避けて脱毛することになるということです。

ちなみに、入れ墨とは違いますが、整形手術を行った箇所も脱毛は不可(傷が完治していても不可)となっております。整形部分を避けて脱毛を行うことになりますので、その点ご留意ください。

妊娠中の方

妊娠中の方は、これは銀座カラーに限ったことではありませんが、脱毛を受けることができません。

これはなぜかというと、妊娠中の女性はホルモンバランスが乱れており、ヘアサイクルが通常時と異なるため、脱毛を行ってもあまり意味がないと考えられるからです。

お腹の中の赤ちゃんに悪影響が及ぼされることはまずないので、脱毛開始後に妊娠が発覚したとしても心配する必要はありません。

銀座カラーにおいては、出産後1回以上生理が来て、体調が安定してから脱毛が可能となります。

妊娠中はもちろん、脱毛をお休みすることが可能です。脱毛を受けていないのに回数が減ったり、有効期限が切れたりすることはありませんので、ご安心ください。

結婚式の予定が1ヵ月以内にある方

これは意外かもしれませんが、1ヵ月以内に挙式をあげる予定のある方は、脱毛を受けることができません。

結婚前にキレイになりたい、と思う方も多いでしょうが、銀座カラーでは対応してもらえません。これはちょっと理由がわからないのですが、万が一何かあったら取り返しがつかないから、ということでしょうか。

結婚式に向けて体を綺麗にしておきたい方は、他の脱毛サロンを利用しましょう。

まとめ

以上、銀座カラーで脱毛を断られるケースをご紹介いたしました。

結婚式については意外でしたね。銀座カラーはチャットでの問い合わせを受け付けていますし、カウンセリングは無料ですから、もし何かわからないことがあれば、訊いてみてくださいね。