子供の安全を考えたときの機能面を踏まえたランドセルの選び方

ランドセルというのは小学生に入る子供が使うもので、教科書やノートなどを入れて持ち運ぶカバンとしての機能がメインでしょう。

しかし、近年のランドセルというのはそういったカバン以外の機能を持った便利なものが増えてきており、ランドセル選びをするときにはそういう部分も注目していく必要があります。

例えば、子供たちの安全を守るための機能がついているものがあり、それは防犯ブザーなどを取り付けるためのフックがついているのです。

ランドセルの肩ベルトの位置についていることが多いのですが、そこに防犯ブザーを簡単に取り付けることができます。

肩ベルトの位置というのは、実際にランドセルを使う子供目線から言えば胸の横、つまり脇の位置になるので、いざというときにすぐに防犯ブザーを鳴らすことがしやすいです。自分の顔の真下にあるわけですから、ここは非常に現実的なメリットになります。

また、子供たちを正面から見たときには、非常に見えやすい位置に防犯ブザーが取り付けられていることになり、仮に誘拐でもしようと考えている人がいたとしても、正面から見れば子供が防犯ブザーをランドセルに取り付けているのが丸見えです。

つまり、防犯ブザーを肩ベルトの位置につけているような子供をさらうとことはリスクになると、すぐに捕まる可能性があると考える人が増えると言え、結果的に子供がそういう犯罪の被害に遭いづらくな

るということが言えるのです。
犯罪に遭ったときに、いざというときに役立つということも言えますけど、そもそも犯罪に遭いづらいという状況を作ることができるので、子供の安全を考えたときにはこういうフックが肩ベルトについているランドセルを選ぶことは重要と言えます。

さらに言えば、実際に取り付ける防犯ブザーに関しても目立つもの、傍から見たときに気付きやすいものを選ぶべきと言えますが。

防犯ブザー用のフックがついているランドセルを選びつつ、傍から見たときにすぐに防犯ブザーであると気付きやすい防犯ブザーを実際に買って取り付けると、より安全に小学校の往復がしやすいです。