神様を探すのはもうやめよう!電話占いジプシーを卒業する方法とは?

電話占いジプシーを続けていると、お金と時間を無駄にするばかりで、何も良いことがありません。

しかし一度これに陥ってしまうと抜け出すのはなかなか難しいもの。いったいどうすればジプシーを卒業できるのでしょうか。

「いい加減電話占いサイトを放浪するのはやめたい」
「これ以上お金無駄にしたくない」

そんな皆さんに向け、当記事では電話占いサイトを卒業する方法をご紹介いたします。

認識を改める!電話占いジプシーを卒業する方法とは?

占い師の能力を過信してはいないか

電話占いジプシーの人たちは、占いを絶対的なものとして捉える傾向にあります。つまり霊的なパワーが実在し、それによって人々を正しい方向へと導く優れた占い師がいる、という前提があるわけです。ジプシーを卒業するには、まずこの認識を改めなければなりません。

確かに不思議な能力を持った人はいるかもしれません。しかしもしその「人々を正しい方向へ導く力」というものが、百発百中、絶対に外れないものなのであれば、この世は、太古の国々のように、占い師を予言者として信奉し、王のように崇め、絶対服従する世界になっているのではないでしょうか。

そしてもしその人の言うことが100%当たるのであれば、あらゆる争いごとや失敗は世界から消えるはずです。しかし現にそうはなっていませんよね。

占い師には確かに不思議な力を持った人がいます。しかしその力は、絶対的なものではなく、間違うこともあるものなのです。

あなたは自分の中で、「言うことが100%当たる、未来を見通す能力を持ったスゴい占い師がどこかにいるはず」と考えてしまってはいませんか?

はっきり言いましょう、そんな占い師はいません。探すだけ無駄です。

占い師も同じ人間

占い師もあなたと同じ人間です。あなたは占い師を人界を超脱した神様的な存在と捉えてはいないでしょうか。その考えは誤りです。占い師もあなたと同じ人間であって、間違うこともあります。

そのように考えれば、占いの本当の意義が見えてきます。占いとはつまり、占星術やタロットなどの歴史ある占術を用いた「人生相談」なのです。

占い師は一人の人間として助言をします。その助言は正しいこともあれば、間違いであることもあります。しかし助言をしてもらうことによって、より広い視野で物事を見つめることができるようになったり、占い師の助言を踏まえたうえで最前の策を練ることができるようになったりするのです。

それこそが占いの意義であると言えるでしょう。

【関連】人気の電話占い師について

的中率は問題ではない

占いとは占いを用いた人生相談のことである、と認識すれば、占い師の評価の基準として持ち出されることの多い「的中率」は、それほど重要ではないことがわかってきます。

物事を言い当てるということよりも、まともなアドバイスをくれるかどうか、自分の視野を広げてくれるかどうかが重要なんですね。

先ほども申し上げましたが、占い師の言うことは100%当たるわけではありません。百発百中なんてことはあり得ないと認識すれば、占い師の言うことが多少外れていても、許容できるようになるはずです。同じ人間として失敗も認めてあげることができるなら、ジプシー卒業はすぐそこです。

占い師を選ぶときには、自分の相談を親身になって聞いてくれるかどうか、自分では考えもしなかった方法を教え示してくれるかどうかを基準にしたほうがよいと思います。

そして「この人いいかも」と思ったら、よほどのことが無い限りは浮気しないでください。占い師もまた人間。あなたと何度も話すうちに、あなたという人間のことが段々とわかってきて、それによって助言の精度が増すこともあるはずです。

占いへの認識を改め、占い師を同じ人間と認め、多少の失敗は許してやり、その人の助言の「質」を見るようにし、滅多なことでは浮気しない。助言を踏まえたうえで自分でどうすべきか考える。これを徹底すればジプシーを卒業できるはずです。

「神様」を探すのはもうやめましょう。そんな占い師は存在しないのですから。