まずは少額から仮想通貨に挑戦してみよう

仮想通貨の始め方まとめ
日本ではまだ馴染みのない仮想通貨ですが、YouTuberへの寄付に利用できるようになるなど、活用できる場面が増えてきています。

ビットコインをはじめとした仮想通貨は、ネット上での金銭のやり取りが便利なのが特徴です。不特定多数を相手とする仮想通貨は、国や銀行の枠を超えて流通している国際的な通貨であると言えます。

後ろ盾がないと解釈する人もいますが、特定の国家でなく複数の国の人々が共有して支えている強みもあります。

マウントゴックス事件はまだ記憶に新しく、仮想通貨に対する不信感を抱える人も少なくありませんが、横領事件は他の投資でも起こりうるので仮想通貨だけが抱える問題ではありません。

仮想通貨は、現在投資としての意味合いが強くなっています。有名なビットコインなどはこの1年で10倍以上の上昇をしており、個人の投資としても注目を集めています。

株やFXのように投資や投機として求める人が多いのです。利用されるようになって日の浅い仮想通貨は、先が読めないこともあり一攫千金を求める人にはうってつけだといえます。

仮想通貨取引をはじめるにあたって注意をしてもらいたいのが、取引所と仮想通貨選びです。

仮想通貨の取引が今熱いとはいっても、どれでもいいというわけではありません。日本国内だけでも15か所以上の取引所があるのです。信用できる場所、通貨を吟味しましょう。

仮想通貨はネット上であっても全ての決済で利用できるわけではないので、より知名度や利用実績の高いものを選びましょう。それぞれの特徴をよく理解し、自分にあったものを選ぶことが大事です。

制約を加えることができるイーサリアム、決済がスムーズなライトコイン、海外送金が手軽なリップルといったようにそれぞれ強みがあります。

日本発祥の仮想通貨にはモナーコインがあります。匿名性掲示板の2chでおなじみのキャラクターから名付けられており、親しみを感じる人もいるのではないでしょうか。

現実社会でもビックカメラのように利用できる店舗もでてきており、これから使い勝手がさらに良くなっていくことが期待できます。まずは少額から仮想通貨を試してみてはいかがでしょうか。